1. ホーム>
  2. 歴史文化・スポーツ・学び>
  3. 歴史・文化財>
  4. 白河市の文化財>
  5. 市指定文化財>
  6. 重要文化財(工芸品)>
  7. 脇差 銘 「神妙 手柄山甲斐守正繁」【わきざし めい「しんみょう てがらやまかいのかみまさしげ」】

歴史文化・スポーツ・学び

脇差 銘 「神妙 手柄山甲斐守正繁」【わきざし めい「しんみょう てがらやまかいのかみまさしげ」】

脇差 銘「神妙 手柄山甲斐守正繁」

指定種別 市指定 重要文化財(工芸品)
指定年月日 平成6年3月7日
所在地  
所有者 個人
大きさ 全長46.7cm、刃長41.8cm、反り0.8cm

正繁は、播州(兵庫県)姫路の刀工、手柄山四代氏繁の子、兄五代氏繁を助けて、大阪に出て鍛刀し自ら六代氏繁を名乗った。

京都御所が炎上した天明8年(1788)の冬、大阪に立ち寄った老中松平定信に召し抱えられた。時に氏繁30歳、江戸に出た氏繁は、名を手柄山正繁と改めた。享和3年(1803)甲斐守を受領、晩年定信より「神妙」の二字を賜り、会心の作にはこの銘を刻(き)ったという。

この裏銘に「文政二年八月日」とあることから正繁60歳の作であることがわかる。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る