教育・歴史文化・スポーツ・学び

木造扁額 常宣寺【もくぞうへんがく じょうせんじ】

木造扁額 常宣寺

指定種別 市指定 重要文化財(工芸品)
指定年月日 平成4年1月27日
所在地 白河市向新蔵
所有者 常宣寺
大きさ 縦57.0cm、横128.0cm

縁飾りは額と同じ一枚板で、幅16cm四方に菊菱形が筋彫りされている。額の表面に「常宣寺」と高山彫りされている。彫りの線には黒漆が塗られ、さらに胡粉で彩られていたが、大方は剥離(はくり)している。裏面には「文化三年六月六日書之 幕府世臣 左少将白河城主源定信」の銘が線彫りされている。材質は欅(けやき)の一枚板。

常宣寺住職白雲〔享和2年(1802)11月~文化3年(1806)7月在住〕は、画僧としても知られ、松平定信に命ぜられ『集古十種』の編纂(へんさん)にも携わっている。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る