1. ホーム>
  2. 歴史文化・スポーツ・学び>
  3. 歴史・文化財>
  4. 白河市の文化財>
  5. 市指定文化財>
  6. 重要文化財(絵画)>
  7. 絹本著色 仏涅槃図【けんぽんちゃくしょく ぶつねはんず】(附)涅槃像惣檀中施主 附諸入用記帳

絹本著色 仏涅槃図【けんぽんちゃくしょく ぶつねはんず】(附)涅槃像惣檀中施主 附諸入用記帳

絹本著色仏涅槃図

指定種別 市指定 重要文化財(絵画)
指定年月日 平成17年9月2日
所在地 白河市中田(白河市歴史民俗資料館保管)
所有者 大統寺
技法・大きさ 絹本著色 縦143.5cm、横115.5cm

享和2年(1802)7月に白河城下臨済宗大統寺の依頼によって谷文晁が描いた仏涅槃図である。

沙羅双樹(さらそうじゅ)の下で入滅する釈迦を中心に、周囲には悲嘆する仏弟子、諸菩薩、禽獣(きんじゅう)などが細密な筆致で描かれている。

本図は、画面余白を大きく取り、象と獅子を仰向けに描き、飛来する摩耶婦人を左上に配置するなど、江戸時代一般に描かれた涅槃図との相違がみられる。これは、鎌倉時代後期の「八相涅槃図」を原画としたものとみられ、松平定信編纂の「集古十種」などに関連する古画研究による文晁の成果によるものと推定される。

また、附属資料として文政6年(1823)の「涅槃像惣檀中施主附諸入用記帳」があり、この絵画制作の経費が文晁への謝礼も含め総計10両3分550文であったこと、60名近い檀家の出資をもって同寺に施入されたこと等を知ることができる。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る