大音寺仏画【だいおんじぶつが】

大音寺仏画セット

左上から:1号、2号、3号、4号、5号

指定種別 市指定 重要文化財(絵画)
指定年月日 昭和56年2月16日
所在地 白河市表郷梁森
所有者 梁森区
技法・大きさ

(1~3号)紙本著色 縦91.8cm、横54.4cm
(4号)紙本著色 縦82.1cm、横29.2cm
(5号)紙本著色 縦61.0cm、横27.4cm

1号 極楽・阿弥陀如来・地蔵菩薩来迎図
2号 地獄極楽図
3号 地獄図
4号 十三仏曼茶羅図
5号 十三仏曼茶羅図

元真言宗近龍山大音寺の什宝であり、古来より葬儀の時に掲げる慣行があり、現在も行われている。1号図に描かれている阿弥陀三尊来迎には勢至菩薩の姿がなく、また延命地蔵菩薩は座しており非常に珍しい姿である。

製作年代は、室町後期~江戸初期の作と推測され非常に貴重なものである。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る