1. ホーム>
  2. 歴史文化・スポーツ・学び>
  3. 歴史・文化財>
  4. 白河市の文化財>
  5. 市指定文化財>
  6. 重要文化財(彫刻)>
  7. 鹿島神社の神殿の彫刻【かしまじんじゃのしんでんのちょうこく】

鹿島神社の神殿の彫刻【かしまじんじゃのしんでんのちょうこく】

鹿島神社の神殿の彫刻
鹿島神社の神殿の彫刻

指定種別

市指定 重要文化財(彫刻)

指定年月日

昭和60年4月1日

所在地

白河市東下野出島字坂口

所有者

下野出島区

大きさ

(昇り龍)高さ1.9m
(下り龍)高さ1.9m

鹿島神社は養老元年(717)7月10日常陸国鹿島より移すと伝えられる。神殿彫刻は明治36年(1903)社殿が再建された際に信夫郡飯坂町(現福島市)の彫刻師平間弥助によって彫られた。昇り龍、下り龍が対をなしている。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る