歴史文化・スポーツ・学び

木造扁額 萬徳尊【もくぞうへんがく まんとくそん】

木造扁額 萬徳尊

 

指定種別

市指定 重要文化財(工芸品)

指定年月日

平成9年12月3日

所在地

白河市愛宕町

所有者

関川寺

大きさ

縦70.2cm 横138.6cm

 

縁飾りは無い。額の表面に「萬徳尊」と高山彫りされている。文字は胡粉で彩られている。裏面には「文政十年十二月廿三日 左近衛権少将 源定信書」とある。材質は欅(けやき)の一枚板。

本扁額は、文政10年(1827)松平定信が69歳の時に、関川寺檀家総代の常磐彦之衛門宛に「先に書いたのは年の若い時代故まずかったので取り替えるように」と、染筆を送ってきたもので二度目の扁額である。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る