食べる

グルメ

城下町しらかわの人々が愛してやまない、地元のおいしいもの。白河グルメ

「白河ラーメン」は、地元庶民のソウルフード 

手打中華白河は全国的にも知られるラーメン処で、市内には100軒を超す味自慢の店があります。白河ラーメンのルーツとなる支那そばが登場したのは大正10年のこと。昭和20年代に入ると映画の盛況とともに屋台のラーメン最大の特徴である手打ち麺が登場したのはその頃で、そば職人が、そば打ち技法で作り始めたことから「手打ちのちぢれ麺」が誕生したといわれています。心地よい歯ごたえの手打ち麺と、深い味わいのスープが絡み合い、絶妙な風味を醸し出します。この風味を「どこか懐かしい」と表現する人も少なくありません。それは、ラーメンのベースである麺とスープを店主たちが、あるいは二代目、三代目がしっかりと守っているからでしょう。市内の店主たちは職人気質で、それぞれがこだわりを持って、自分の店の美味しさを日々追求しています。そうした店主たちの思いが、今の白河ラーメン文化を築いているのです。

詳しくは白河観光物産協会ホームページ(外部リンク)をご覧ください。 

 

 

 

定信も愛した「白河そば」

割子そば白河が誇るもうひとつの食文化、それは「白河そば」です。そばの歴史はずっと古く、さかのぼること今から約200年前。藩主・松平定信が冷害に強いそばの栽培を奨励したことが起源といわれています。阿武隈川水系の清冽な水にも恵まれた白河のそば文化。信州、出雲、盛岡とともに「日本四大そば処」のひとつに数えられています。白河そばの代表的なメニューは「割子そば」。小さめの皿に小分けにされたもりそばをイクラやなめこ、山菜などの具材で少しずつ味わうことができるのも魅力です。打ち方、つなぎ、つゆに独自の技と伝統をいかして守り続けています。

 詳しくは白河観光物産協会ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

 

 

 

 

地産地消の新名物「だるまバーガー」

だるまバーガー安心・安全にこだわった地産地消のご当地バーガー。白河産の米粉を100%使用したバンズは、ふっくら・もちもちとした食感。ほんのりカレー風味の白河高原清流豚が食欲をそそります。

お問い合わせ先:二ノ丸茶屋

営業時間:9時30分〜17時(4月〜10月)、9時30分〜16時(11月〜3月)
休業日:11月〜3月の毎週水曜日、年末年始
※臨時休業の場合あり

住所:白河市郭内1(城山公園内)
電話番号:0248-24-0275

詳しくは白河観光物産協会ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

 

 

中学生発案「白河ガレット」 !

白河ガレット完成写真~白河市と姉妹都市コンピエーニュ市とをつなぐ 白河地場産品とフランス郷土料理のコラボレーション~
白河産のそば粉で作った生地に、肉類や卵、季節野菜などの地元食材をあわせたものが「白河ガレット」です。

詳しくは中学生発案「白河ガレット」!をご覧ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは観光課 観光振興係です。

〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1

電話番号:0248-22-1111【内線 : 2243・2244・2245】 ファックス番号:0248-23-1255

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る