1. ホーム>
  2. 歴史文化・スポーツ・学び>
  3. 歴史・文化財>
  4. 白河市の文化財>
  5. 市指定文化財>
  6. 民俗文化財>
  7. 千体仏堂奉納仏像群【せんたいぶつどうほうのうぶつぞうぐん】

千体仏堂奉納仏像群【せんたいぶつどうほうのうぶつぞうぐん】

千体仏堂奉納仏像群の画像

指定種別

市指定 重要有形民俗文化財

指定年月日 平成28年4月15日
所在地 白河市中田(白河市歴史民俗資料館寄託)
所有者・管理者

三番町町内会

大きさ

(千体仏)像高12~24.2cm (木像菩薩立像)像高54.3cm

 

 もと白河の三番町にあった千体仏堂に奉納されていたもので、堂は寛文6年(1666)の創建と伝える。

 千体仏は422躯が現存しており、創建以来、数次にわたって奉納されてきたものと考えられる。奉納者には城下の武家・出家・商家などさまざまな身分の人々が含まれており、地域の信仰の遺産といえる。

 また木像菩薩立像1躯は、穏やかな顔貌や衣の大ぶりな表現などにより、南北朝時代末~室町時代初期(14世紀後半から15世紀初頭頃)に制作され、後に千体仏堂に運び込まれたものと考えられる。顔部が木屎漆(こくそうるし※)でていねいに整形・補修されている点に特徴があり、像が地域で尊ばれてきた証といえる。中世に遡る像として貴重である。

※木屎漆・・・粉末状の木材を漆と混ぜてペーストにしたもので、仏像などの成形に用いられる。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る