1. ホーム>
  2. 子育て・健康・福祉>
  3. 高齢者福祉>
  4. 認知症初期集中支援チーム

認知症初期集中支援チーム

認知症初期集中支援チームとは?

認知症は症状の軽いうちに適切な支援を行なうことで、症状の進行を遅らせることができる場合があります。そのため、早期に発見することが大切です。

認知症になっても、本人の意思が尊重され、できる限り住みなれた地域で暮らし続けるために、認知症が疑われる方や認知症の方、その家族に医療と介護の専門職チームが早期に関わり、相談や初期の集中的な支援を行うことで、自立生活をサポートします。

対象となる方

40歳以上で、自宅で生活している認知症が疑われる方や、認知症の方

・認知症の診断を受けていない方

・医療や介護のサービスを利用していない、または中断している人

・医療や介護のサービスを受けているが、認知症により対応に苦慮している方

相談窓口

地域包括支援センターまでご相談ください。

・白河市地域包括支援センター TEL 0248-21-0332

・白河市東部地域包括支援センター TEL 0248-31-8889

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは高齢福祉課です。

本庁舎1階 〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1

電話番号:0248-22-1111 ファックス番号:0248-23-1255

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る