1. ホーム>
  2. 歴史文化・スポーツ・学び>
  3. 歴史・文化財>
  4. 白河市の文化財>
  5. 市指定文化財>
  6. 重要文化財(絵画)>
  7. 絹本著色 如信上人像【けんぽんちゃくしょく にょしんしょうにんぞう】

絹本著色 如信上人像【けんぽんちゃくしょく にょしんしょうにんぞう】

常瑞寺如信上人像

指定種別 市指定 重要文化財(絵画)
指定年月日 平成30年3月23日
所在地 白河市大工町
所有者 常瑞寺
技法・大きさ 絹本著色 縦69.0cm、横57.2cm

 浄土真宗の開祖親鸞の孫で、大網常瑞寺の開山である如信(1235~1300)の肖像画である。法衣をまとい、両手で数珠を爪繰り、斜め向きに畳上に座る老僧の像で描かれる。

 顔の着彩はほとんど消え、眼、口に僅かに残る程度だが、眉・鼻・目尻・耳が細い墨線で描かれており、描線は的確である。また、体部の着衣や畳などには比較的彩色が残り、伸びやかな描線とともに当初の面影をうかがわせる。

 総じて、小幅ではあるが存在感ある作品となっており、残存する描線にみられる繊細さ、伸びやかさは室町時代の肖像画に通じる。制作は江戸時代初期を下るものではないと考えられる。

 市内に現存する近世初期頃までの仏画作品であり、白河の寺院の歴史を示す史料として貴重である。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る