1. ホーム>
  2. 教育・歴史文化・スポーツ・学び>
  3. 歴史・文化財>
  4. 白河市の文化財>
  5. 市指定文化財>
  6. 重要文化財(彫刻)>
  7. 木造釈迦如来坐像及び大迦葉・阿難陀立像【もくぞうしゃかにょらいざぞうおよびだいかしょう・あなんだりゅうぞう】

木造釈迦如来坐像及び大迦葉・阿難陀立像【もくぞうしゃかにょらいざぞうおよびだいかしょう・あなんだりゅうぞう】

龍興寺釈迦三尊

指定種別 市指定 重要文化財(彫刻)
指定年月日 平成31年3月29日
所在地 白河市向新蔵
所有者 龍興寺
大きさ 像高 (釈迦)63.6cm (大迦葉)65.5cm (阿難陀)65.3cm

黄檗宗(おうばくしゅう)寺院・龍興寺に本尊として安置される三躯の仏像である。

黄檗宗は、17世紀半ばに来日した中国僧・隠元により伝えられた禅宗の一派で、同時に黄檗様といわれる中国風の彫刻様式も伝えられた。

本像の制作年代は、同寺が諸堂を建立し、寺院としての形を整えた17世紀末から18世紀初頭の造立にかかると推測される。如来の肉髻が低平で、腹前に裳の結び紐を表す点、両脇侍像の重厚な着衣表現などに、黄檗様式の特徴を見て取れる。総じて、黄檗様(おうばくよう)を比較的忠実に踏襲した京都の仏師の作と考えられ、県内でも貴重な作例であり、保存状態も良好である。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る