1. ホーム>
  2. 教育・歴史文化・スポーツ・学び>
  3. 歴史・文化財>
  4. 白河市の文化財>
  5. 市指定文化財>
  6. 重要文化財(絵画)>
  7. 紙本著色 常宣寺縁起絵巻【しほんちゃくしょく じょうせんじえんぎえまき】(附)常宣寺縁起

紙本著色 常宣寺縁起絵巻【しほんちゃくしょく じょうせんじえんぎえまき】(附)常宣寺縁起

常宣寺縁起絵巻  

指定種別 市指定 重要文化財(絵画)
指定年月日 令和2年2月20日
所在地 白河市向新蔵
所有者 常宣寺
技法・大きさ 紙本著色 縦41.6cm、横930.5cm

 

  常宣寺の縁起(由来)を描いた絵巻一巻で、文化10年(1813)に制作された。同じく寺の歴史を文字のみで記した(附)の常宣寺縁起一巻とともに、一体のものとして伝えられている。絵巻は、詞書(文字)と絵の部分からなり、絵は丹念な描線と鮮やかな彩色によるすぐれた品質を示す。常宣寺は白河藩主松平定信ゆかりの寺院であることから、絵巻の制作にあたっては定信が関わったことが想定される。
 本資料は、寺院縁起絵巻の市内・県内での数少ない作例の一つと位置づけられるとともに、絵画作品としても質が高い。総じて、白河の歴史文化を示す貴重な資料である。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る