老夫妻像【ろうふさいぞう】(関根正二筆)

老夫妻像関根正二  

指定種別 市指定 重要文化財(絵画)
指定年月日 令和2年2月20日
所在地 白河市中田
所有者 白河市
技法・大きさ 紙・鉛筆 各縦46.5cm、横34.0cm

 

  白河出身の洋画家・関根正二(せきねしょうじ)(1899~1919)によるデッサン画。
 作者は20歳で夭折したため、現存作品はきわめて少ないが、代表作《信仰の悲しみ》は国重要文化財に指定されるなど、近代美術史において高い評価を受けている。
 この作品は、作者が祖母の死去に伴い一時帰郷した際に描かれたと考えられる。彩色のないデッサンであるものの、人物の姿や表情が的確に描写されており、作者のすぐれた技量を知る上での基準作といえる。また、地元白河にのこる唯一の作品としても貴重である。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る