1. ホーム>
  2. 暮らし・手続き>
  3. コミュ二ティバス・公共交通>
  4. 公共交通>
  5. バス及びタクシー(地域内移動)運賃に対する助成を行います

バス及びタクシー(地域内移動)運賃に対する助成を行います

運転免許証をお持ちでない高齢者及び障がい者の日常生活の移動手段を支援するとともに、市内におけるバス及びタクシーの利用を促進するため、バス、タクシーの運賃等の一部に利用できる助成券を交付しますので、ぜひご利用ください。

交付対象者

市内に住民登録があり、運転免許証をお持ちでない方で、次のいずれかに該当する方
(1)年度末において75歳以上の方
(2)障がい者手帳をお持ちの方(※ただし、市の重度障害者タクシー運賃助成及び自動車燃料費助成や人工透析患者交通費補助を受けている方は除きます。) 

助成期間と交付枚数

助成券利用期間 令和3年4月1日から令和4年3月31日まで
助成券交付枚数 100円助成券×120枚

利用できる交通機関及び助成額

利用できる交通機関 助成額
市内を運行する福島交通及びジェイアールバス関東の路線バス 運賃の2分の1(算定した額に100円未満の端数がある場合には、切り上げた額)の範囲内とし、上限は5枚(500円分)まで
白河観光交通、光タクシー、東タクシー(下記参照) 運賃の2分の1(算定した額に100円未満の端数がある場合には、切り上げた額)の範囲内とし、上限は10枚(1,000円分)まで
予約型乗合タクシー(運賃1人あたり500円) 3枚(300円分)の範囲内

※1 バス運賃が、100円の場合には1枚利用できます。
※2 コミュニテバスの乗車運賃、年間定期券(助成券100枚(10,000円分)の範囲内)にも利用できます。
※3 助成券を併用し、支払った運賃等を払い戻すことはできません。
※4 助成券の再交付はできません。

利用の流れ

バスの場合

1 市内の小売店、スーパー、医療機関、金融機関、公共施設、福祉施設、駅、バス停、自宅等の移動に利用できます。(※遊興施設等への移動不可)
        ↓
2 降車する際に、証明書を提示し、助成券を渡すとともに、運賃から助成額を差し引いた金額を支払います。
   ※助成券の取扱いに関して、福島交通のバスに乗車した場合には乗務員に手渡し、ジェイアールバス関東のバスに乗車した場合には運賃箱に投入してください。

タクシーの場合

1 市内の小売店、スーパー、医療機関、金融機関、公共施設、福祉施設、駅、バス停、自宅等の移動に利用できます。(※遊興施設等への移動不可)
        ↓
2 乗車する際に、助成券を利用する旨を伝えます。
        ↓
3 降車する際に、証明書を提示し、助成券を渡すとともに、運賃から助成額を差し引いた金額を支払います。

利用できる路線名及びタクシー業者名

市内で運行する路線名 運行事業者
新白河石川線、刈敷坂棚倉線、真名子線、イオン経由真名子線、高助線、イオン経由高助線、追原経由川谷線、追原経由甲子線、新白河・由井ヶ原線、追原経由由井ヶ原線、原中経由川谷線、太陽の国線、原中経由勝負沢線、九番町経由白坂駅線、白坂線、白河・大沼線、新白河・白河の関線、白河・大信庁舎線、白河・小田川線 福島交通株式会社
白棚線 ジェイアールバス関東株式会社
市循環バス(中循環:JRバス関東委託 南循環:福島交通委託)、大信地域自主運行バス、予約型乗合タクシー
タクシー業者名 住所 電話番号
白河観光交通株式会社 白河市中山南5番地97 0248-27-3300
光タクシー株式会社 白河市昭和町160番地1 0248-22-0111
有限会社東タクシー 白河市東深仁井田字天井林6番地3 0248-34-2360

助成券交付申請窓口

本庁舎総合窓口、表郷庁舎地域振興課、大信庁舎地域振興課又は東庁舎地域振興課に申請書及び委任状(本人以外が申請する場合に限ります。)を提出してください。

※下記、関係書類ダウンロードよりダウンロードして下さい。

タクシーとバスや鉄道を組み合わせた利用の推奨

自宅から市街地まで移動する場合、自宅から最寄りのバス停や鉄道駅までをタクシーで、最寄りのバス停や鉄道駅から市街地までをバスや鉄道で移動すると、より経済的な移動が可能です。

タクシーの相乗りの推奨

友人や親しい近隣の方にお声かけのうえ、相乗りによりご利用することをお勧めします。

主なメリット

  • 運賃負担を折半することで、1人当たりの運賃が低く抑えられます。
  • 助成対象者と相乗りし、助成券を順番に利用した場合には、助成される乗車回数が増えます。

※1 タクシー事業者は、法律上相乗りの仲介、呼び込み等の行為をすることはできませんが、利用者の意志により申し合わせて同乗する「相乗り」をすることは可能です。
※2 1乗車につき助成券の利用上限枚数は10枚になりますので、相乗りした場合でも10枚までの利用となりますのでご注意ください。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画政策課です。

本庁舎3階 〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1

電話番号:0248-22-1111 ファックス番号:0248-27-2577

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る