白河市まちラボ学生プロジェクト支援事業

hp画像

事業概要

学生による新たな人の流れを創出するとともに、その活動を通して、地域課題の解決、市民との交流、白河市の魅力発掘、情報発信等を推進するため、白河市を研究や活動のフィールドとして活用する大学のゼミ等のグループに対し、その研究・活動費の一部を支援します。

補助対象者

大学、短期大学、高等専門学校、専修学校等に籍を置く学生で構成するゼミ、サークル、まちづくりに関心のあるグループを補助対象団体とします。

補助対象事業

1「素材広場・白河」ゼミ研究フィールド化事業

白河市をフィールドに地域住民(高校生、町内会、NPO等)と交流を図りながら、研究等を行う。

補助金

補助対象経費 内容 補助率 補助金の上限
旅費 大学ゼミ等の活動拠点から市内宿泊場所までの旅費 3分の2 20万円
宿泊費 市内宿泊場所における宿泊費

宿泊費の実額

(1人につき1泊当たり2,000円を上限とする)

要件

  • 白河市内の旅館業法第2条に規定する宿泊施設、又は住宅宿泊事業法第2条に規定する宿泊施設に宿泊すること
  • 地域住民と交流を図ること
  • 当該年度内に研究等の成果を市に報告すること
  • 大学またはゼミのホームページを活用し研究の成果及び白河市の情報発信を行うこと
  • 収支を適切に管理すること
  • 補助金の交付決定があった年度内に完了すること

※詳しくは「白河市まちラボ学生プロジェクト支援事業補助金交付要綱(以下「要綱」といいます。)」をご覧ください。

2 学生まちなか活動支援事業

白河市の中心市街地を活動拠点とし、市民活動団体と連携しながら研究等を行う。

補助金

補助対象経費 内容 補助率 補助金の上限
旅費 大学ゼミ等の活動拠点から市内宿泊場所までの旅費 3分の2

30万円

宿泊費 市内宿泊場所における宿泊費

宿泊費の実額

(1人につき1泊当たり2,000円を上限とする)

活動費

事業実施に必要な経費

※詳しくは要綱をご覧ください。

経費の実額

(10万円を上限とする)

要件

上記「素材広場・白河」ゼミ研究フィールド化事業の要件を全て満たすほか、市内中心市街地を活動拠点として、特定非営利活動法人、一般社団法人、一般財団法人その他の法人又は団体、町内会、商店会等と連携し研究等を行うこと。

※市内中心市街地とは白河市中心市街地活性化基本計画で定めたエリアをいいます。詳しくは第3期白河市中心市街地活性化基本計画(概要版) [PDF形式/1.9MB]をご覧ください。

※要件について詳しくは要綱をご覧ください。

補助金交付の手続き

補助金の申請から交付までの流れは以下のとおりとなります。詳細は補助金交付までの流れ [PDF形式/220.51KB]をご覧ください。

  1. 補助金の申請
  2. 研究・活動の実施
  3. 実績報告
  4. 補助金の請求
  5. 補助金の受領

宿泊施設施設のご案内

ゲストハウス ブラン

白河市観光物産協会ホームページ

白河市以外の宿泊施設も紹介されていますのでご注意ください。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画政策課 企画政策係です。

〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1

電話番号:0248-22-1111【内線 : 2323・2324】 ファックス番号:0248-27-2577

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る