1. ホーム>
  2. 産業・雇用・観光>
  3. 農林業>
  4. 白河ブランド>
  5. 「農産物ブランド白河しろもの」白金認証が決定しました!

「農産物ブランド白河しろもの」白金認証が決定しました!

白金認証食品が決定しました!

「金認証食品」18品の中から総合1位となる白金認証を決定するため、市民を対象に、実際に試食をして投票する投票イベントとインターネット投票を実施しました。

市民176名から1人3票ずつ投票いただき、投票総数は528票でした。

白金認証食品

  • 食品名 白河高原清流豚
  • 生産者名 有限会社肉の秋元本店
  • 所在地 白河市大信増見字北田58
  • 特徴 爽やかに甘く香る脂と、臭みがなく味がしっかりとした赤身のバランスが優れている。

 

得票数上位5品

順位 食品名 事業者名 得票数
1 白河高原清流豚 有限会社肉の秋元本店 78
2 白河産コシヒカリ 白河市産米需要拡大推進協議会 77
3 白河高原清流豚みそ漬け(ロース) 有限会社肉の秋元本店 68
4 白河メンチ 有限会社肉の秋元本店 54
5 キャベツキムチ こまや合同会社 40
5 しあわせリンゴジュース(ふじ) 北條農園 40

 

 

金認証食品が決定しました!

申請事業者から提出された申請調書の審査や認知度調査の結果に基づき、18品の金認証食品が決定しました!
金認証食品の紹介動画もご覧ください。

金認証食品一覧

サンプル画像1

白河高原清流豚

有限会社肉の秋元本店

サンプル画像2

白河ブラック

有限会社肉の秋元本店

サンプル画像3

白河メンチ

有限会社肉の秋元本店

サンプル画像1

白河高原清流豚みそ漬け(ロース)

有限会社肉の秋元本店

サンプル画像2

白河高原清流豚みそ漬け(モモ)

有限会社肉の秋元本店

サンプル画像3

とんかつ

有限会社肉の秋元本店

サンプル画像1

雅とんかつ

有限会社肉の秋元本店

サンプル画像2

ハッピーアイランドモモジュレ

株式会社大黒屋

サンプル画像3

ハッピーアイランドリンゴジュレ

株式会社大黒屋

サンプル画像1

ハッピーアイランドフルーツトマトジュレ

株式会社大黒屋

サンプル画像2

地酒ゼリー

株式会社大黒屋

サンプル画像3

ホーリーバジル茶

ゆうゆうファーム

サンプル画像1

キャベツキムチ

こまや合同会社

サンプル画像2

白河産コシヒカリ

白河市産米需要拡大推進協議会

サンプル画像3

しあわせ飴(りんご)

北條農園

サンプル画像1

しあわせ飴(もも)

北條農園

サンプル画像2

しあわせリンゴジュース(ふじ)

北條農園

サンプル画像3

しあわせリンゴジュース(グラニースミス)

北條農園

 

金認証に向けた認知度調査にご協力いただきありがとうございました

令和3年10月18日(月曜日)から10月31日(日曜日)まで、白河市民を対象に、金認証に向けた認知度調査を実施しました。

たくさんの方にご回答いただきありがとうございました。

金認証食品は審査が終わり次第このページで発表いたします。

なお、認証食品の詰め合わせセット(3,000円相当)の当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

「農産物ブランド白河しろもの」銀認証食品が決定しました

令和3年度から新たに始まった「農産物ブランド白河しろもの」の銀認証について、多数の認証申請をいただきました。9月2日に銀認証審査会を開催し、以下のとおり24品の銀認証食品が決定しました。

金認証の審査を実施した結果、24品の銀認証食品のうち18品が金認証食品に認証されたため、銀認証食品は6品となります。

銀認証食品

サンプル画像3

白河高原清流豚  肉みそ

有限会社肉の秋元本店

サンプル画像1

白河高原清流豚カレー(中辛口味)

有限会社肉の秋元本店

サンプル画像2

白河高原清流豚カレー(トマト味)

有限会社肉の秋元本店

サンプル画像1

そばパスタ

株式会社カタノ

サンプル画像2

ふくしまガパオの素

ゆうゆうファーム

サンプル画像3

白河産コシヒカリせんべい

白河市産米需要拡大推進協議会

〇審査会の様子

【hp用】審査の様子

銀認証から金認証に向けて

銀認証食品の中から、以下の5つの要件のうち2つを満たした食品が金認証食品となります。

  金認証要件
1 白河市内で加工製造された食品
2 栽培実績5年以上又は販売実績10年以上の食品
3 生産者がHACCP又はGAPを取得している
4 生産者又は当該食品に何らかの受賞歴がある
5 認知度調査の結果、市民の認知度が高いと認められた食品である

銀認証食品24品のうち、15品が認知度を除く2つ以上の金認証の要件を満たしており、金認証食品となる見込みです。

また、8品が認知度を除く1つの要件を満たしており、今後実施する認知度調査により市民の認知度が高いと認められれば、2つの要件を満たし金認証食品となります。

認知度調査が終了し、すべての金認証食品が確定した後に発表します。

「農産物ブランド白河しろもの」について

平成22年度から10年にわたり実施してきた「白河市農産物ブランド」に代わり、令和3年度から始めた新たな認証制度です。

認証制度を見直し、認証の種類と基準が大きく変わりました。
「白金認証」「金認証」「銀認証」のランク別3層構造となっており、それぞれに認証基準を設けています。

銀認証基準

銀認証となるためには、以下の4つ要件をすべて満たす必要があります。

  銀認証要件
1 市内産の農畜産物または当該農畜産物を主原料とした食品
2 市内、西白河郡または東白川郡において販売先が3か所以上ある食品
3 味の魅力が高い美味しい食品(試食審査で3.5点以上)
4 他とは違うPRポイントがある

金認証基準

銀認証の基準に加え、以下の5つの要件のうち2つ以上を満たす必要があります。

   
1 市内で加工製造された食品
2 認知度調査の結果、市民の認知度が高いと認められた食品
3 栽培実績5年以上または販売実績10年以上の食品
4 生産者がHACCPまたはGAPを取得している
5 生産者または当該食品に何らかの受賞歴がある

白金認証基準

金認証食品を対象に投票イベントを開催し、「金認証」の各部門で1位を決定します。その中で最も得票の多かったものがその年の総合1位「白金認証」となります。

白河市農産物ブランドのこれまで

平成22年から取り組んできた「白河市農産物ブランド」は、令和2年度で10年の節目を迎えました。

制度の開始からこれまでの認証品は、延べ34品目。市内のすぐれた商品を認証食品に加えながら、そのPRに取り組んできました。

その結果、市民向けのアンケート調査では68パーセントを超える方が「白河ブランドを知っている」と回答するなど、一定の効果が得られています。

しかし一方で、認証食品の販路拡大に向けたPRなどでは当初計画していた結果が得られていないといった課題も見えてきました。

「農産物ブランド白河しろもの」の展開

これまでの取り組みを踏まえ、令和2年度に「白河市農産物ブランド戦略委員会」の中に「策定委員会」を組織し、ブランドのあり方から議論を重ねてきました。

その結果に基づき、認証制度・ロゴマーク・ブランド名称などを見直し、令和3年度からは新たに「農産物ブランド白河しろもの」として事業を展開していきます。

地域に長く愛されるブランドづくりや市内外への販路拡大を通じた地域の活性化を目指し、市民を巻き込んだ認証制度のほか、認証を3つのランクに分け、それぞれに応じた商品磨き上げの支援などを行います。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農政課 農業振興係です。

〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1

電話番号:0248-22-1111【内線 : 2249・2250・2251】 ファックス番号:0248-24-1844

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る