検索

教育・歴史文化・スポーツ・学び

ニホンカモシカをみかけたら

市内各所でニホンカモシカの目撃情報が寄せられています。山間部だけではなく、市街地での目撃例もあります。

成獣のカモシカは体長1メートルを超え、みかけたときには驚かれると思いますが、ほとんどの場合、人をみかけると山へ帰っていき、基本的に人に危害を与える動物ではありません。

ニホンカモシカは、国の特別天然記念物に指定されており、病気や死亡している場合には現地調査を行いますので、文化財課(27-2310)までご連絡ください。

カモシカ

市内で目撃されたカモシカ(白河市立東北中学校提供)

カモシカをみかけた場合の3つのお願い

  1. 近づかない
  2. 逃げ道をふさがない
  3. 立ち去る

状況別の対策・お願い

通常の場合

人を襲わず、帰巣本能があるため、山に帰る道筋がわかれば自然に戻っていきます。ただし、犬に吠えられると興奮するため、できる限り遭遇を避けてください。

怪我や病気で動けなくなっている場合

民間の鳥獣病院などに持ち込まず、速やかに文化財課に連絡してください。

死亡している場合

状況の確認や各種手続きを行いますので、できる限り動かさず速やかに文化財課に連絡してください。

子ども(幼獣)の場合

幼獣の場合、一度保護(捕獲)してしまうと、野性に復帰できなくなる場合があります。発見しても触れずに立ち去ってください。また、幼獣だけのように思えても、親が近くにいることがほとんどです。むやみに近づくと、親が威嚇してくる場合もありますので近づかないでください。すでに保護をしている場合には、早急に保護地点で放獣してください。

 

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課です。

歴史民俗資料館内 〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る