歴史文化・スポーツ・学び

浮屠碑【ふとのひ】

浮屠碑

指定種別 市指定 史跡
指定年月日 昭和41年2月8日
所在地 白河市大鹿島
所有者 鹿嶋神社
大きさ 高さ1.6m、幅約60cm、厚さ約30cm

この碑は鹿島神社の西側にある。碑は、文化元年(1804)に建てられ、撰文は白河藩校立教館教授広瀬典で、書は賀孝啓によるもので、石は白河石を用いている。長い間、風雨にさらされまったく判読ができない。

浮屠(ふと)には、仏佗・仏・塔などの意味があり、ここでは嫡男結城親朝が父宗広の死を悲しみ、その冥福を祈って建立した三重塔を指している。塔は享保年中(1716~1735)再建し旧態に復したことが刻まれている。三重塔は明治の大風によって倒壊し、今はない。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?