歴史文化・スポーツ・学び

磨崖三十三観音【まがいさんじゅうさんかんのん】

磨崖三十三観音

指定種別 市指定 史跡
指定年月日 昭和56年2月16日
所在地 白河市表郷梁森字石崎
所有者 都々古和気神社ほか

梁森都々古和気神社南側に所在する。斜面の凝灰岩に刻まれたもので、「石崎三十三観音」と通称する。

梁森の三十三観音像は、ほとんどが千手観音・十一面観音であるので、三十三所観音霊場の本尊(千手観音・十一面観音)を一堂に集めた三十三観音を意味する。

中心となる三十三観音は宝永4年(1707)に緑川孫左衛門が依頼し、石工善六が彫ったもので、中に正徳3年(1713)に緑川孫左衛門らの発願で彫られた六観音があり、観世音菩薩真言を彫る。これは県内では唯一のことであるという。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?