暮らし・手続き

架空請求ハガキや架空請求封書が急増中!

架空請求ハガキに加えて封書での架空請求が急増しています!

 

「小額消費料金未納に関する訴訟最終告知のお知らせ」「総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」などと題したハガキや封書が送られてきた、との相談が寄せられています。なかには旧姓や亡くなったご家族あてに届くケースもあります。

書類には「民事訴訟が提出されたことをお知らせする。取り下げ最終期日までに連絡がない場合は財産の差し押さえを執行する」「裁判取り下げのご相談を承る」「民事訴訟の取り下げの相談に乗る」などと記載されており「とりあえず連絡しないとまずい!!」と不安をあおる内容です。

差出人は「法務省管轄支局民事訴訟管理センター」「法務省管轄支局 訴訟管理事務局センター」「民事訴訟管理センター」など法務省を思わせる名前のほか「消費者生活相談センター」でも届いています。

ハガキや書類に書かれている電話番号に連絡をすると電話番号はもちろん、個人情報を相手に教えることになりますので、

「絶対に連絡しない!」「相手にしない!」ことが大切です。

少しでも不安がある場合は消費生活センターや警察署にご相談ください。

白河市消費生活センター
 〈電話相談〉 
 0248-22-1133(月~金 午前9時~午後5時/午後5時から午後6時30分までは福島県消費生活センターにつながります)
 〈来所相談〉 
 白河市八幡小路7ー1(市役所地下)(月~金 午前9時~午後5時)
 (いずれも年末年始・祝日を除く)

なお、土日祝日の午前10時~午後4時の間は、国民生活センター消費者ホットライン(188 いやや!)にて相談を受け付けています。

【国民生活センター】「民事訴訟管理センター」からの架空請求ハガキは無視してください!

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生活防災課 地域連携係です。

〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1

電話番号:0248-22-1111【内線 : 2162・2163】 ファックス番号:0248-27-0775

メールでのお問い合わせはこちら