検索
  1. ホーム
  2. 暮らし・手続き
  3. 国保・年金
  4. 国民健康保険
  5. 給付
  6. 国民健康保険で受けられるサービス

暮らし・手続き

国民健康保険で受けられるサービス

国保の給付

医療機関を受診したときの医療費をはじめ、様々な給付が受けられます。

区分 こんなとき このような給付が 注意したいこと
療養の給付 ●病気になったとき
●ケガをしたとき
●歯が痛むとき

かかった費用の3割 〔18歳以下0割、70歳以上(下記参照)〕 を支払うだけで治療が受けられます

※18歳以下とは、18歳に達する日の属する年度の末日まで

国保を取り扱っている医療機関へ保険証を提示すること
療養費
(あとから払い戻しをうけられる場合)
●やむを得ない理由で、国保の取り扱いをしていない病院で診てもらったときや、保険証が使えなかったとき 審査のうえ、決定した額の7割〔18歳以下10割、70歳以上(下記参照)〕 について払い戻しが受けられます 事情をよく審査したうえで支給します
●保険診療のため、移動が困難な患者が一時的かつ緊急な場合の移送の費用 審査のうえ、決定した額について払い戻しが受けられます 医師の指示があった場合のみ
●あんま、はり、マッサージ、きゅうの施術費 審査のうえ、決定した額の7割 〔18歳以下10割、70歳以上(下記参照)〕について払い戻しが受けられます 医師の同意書が必要
●コルセット、ギプスなどの補装具
●輸血のための生血代
審査のうえ、決定した額の7割 〔18歳以下10割、70歳以上(下記参照)〕について払い戻しが受けられます 医師の同意書が必要
●柔道整復師の施術費 国保の取り扱いをしている柔道整復師の場合には、一部負担金で施術が受けられます  
その他の給付 ●子どもが生まれたとき 出産育児一時金が支給されます 国保の加入者が出産したとき
●加入者が死亡したとき 葬祭費が支給されます 国保の加入者が死亡したとき

〔注意〕高齢受給者証をお忘れなく!
高齢受給者証は、70歳の誕生日の翌月(1日生まれの方は誕生月)から利用できます。被保険者証と一緒に医療機関に提示することで、次の自己負担割合で医療を受けられます。

70歳以上の方の自己負担割合

【2割負担】昭和19年4月2日以降に生まれた方
【1割負担】昭和19年4月1日以前に生まれた方
【3割負担】現役並み所得者

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは国保年金課 国保係です。

〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1

電話番号:0248-22-1111【内線 : 2165・2166・2167・2168・2169・2170】

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る