買う

お土産・特産品

和菓子セレクション

まちなかには、古くから創業している菓子店があちらこちらにあります。
茶人としても知られた松平定信の影響から、白河では、茶道とともに和菓子の文化も発展してきました。四季の情景を映した美しい和菓子から、庶民の好んだ素朴な菓子まで、かつて城下町だった白河の長い歴史が根付いているのです。
まんじゅう、最中、餅菓子、せんべい。さて、今日は、どのおやつにしましょうか。 

詳しくは白河観光物産協会ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

南湖だんご

だんご

 

 

 

 

 

 

 

 

景勝・南湖の名物といえば「南湖だんご」。店ごとに工夫をこらし、こしあん・みたらし・味噌・ごまなど種類豊富です。南湖散策の途中に立ち寄ってお茶をすすりながら一服を。

  • 花月

・所在地:白河市南湖2
・営業時間:午前9時~午後6時(売り切れ次第終了)
・定休日:不定休
・電話番号:0248-23-3377

  • 水月

・所在地:白河市五郎窪41
・営業時間:午前10時~午後5時(売り切れ次第終了)
・定休日:毎週木曜日
・電話番号:0248-23-3507

  • 荻原屋

・所在地:白河市五郎窪40
・定休日:平日
・電話番号:0248-23-3679

だるま最中

だるま最中

 

 

 

 

 

 

 

白河の名産であるだるまをモチーフにした手のひらサイズのだるま最中。中に小倉あんと求肥が入っていて、ぱりっとした皮の香ばしさがたまりません。

おきな餅

おきな餅

 

 

 

 

 

 

 

その昔、松平家への献上菓子として親しまれた白河の伝統菓子。材料も製法も当時と変わらず、水飴と砂糖、寒天、餅粉のみのシンプルな味です。

烏羽玉(うばたま)

うばたま

 

 

 

 

 

 

 

 

甘みをおさえたあんをやわらかい求肥でふんわりと包んだ、素朴でやさしい味わいです。姉妹品の「うぐいす」は、きなこをまぶした春だけの季節限定品。

きつねうち温泉まんじゅう

きつねうちまんじゅう

 

 

 

 

 

 

 

 

ふっくらとしてもちもちとした黒糖の皮の中に、ぎっしりとあんが詰まっています。できたてはもちろん、冷めてもおいしく、甘さ控えめに仕上げています。

  • 坂本屋総本店

・所在地:白河市
・営業時間:午前8時~午後7時
・定休日:毎週木曜日
・電話番号:0248-34-2014

奥州路羊羹

羊羹

 

 

 

 

 

 

 

 

羊羹生地に小豆をまぜ、ほっくりと蜜煮した栗をのせて竹の皮に包んで蒸しています。ほんのり竹の皮の香りがします。

関のつゆ甘なっと

甘なっと

 

 

 

 

 

 

 

大納言小豆をじっくり煮て、しっとりと蜜づけした深みのある味わい。小豆の風味を生かした、甘さ控えめの甘納豆です。

あげまんじゅう

あげまんぢう

 

 

 

 

 

 

黒糖仕込みのおまんじゅうを油でカリッと揚げたあげまんじゅう。香ばしい風味がクセになるおいしさです。

櫻煎餅

せんべい

 

 

 

 

 

 

 

白河産のおいしいうるち米を使い、手作業で仕上げたおせんべい。天日干しで自然乾燥するなど、昔ながらの製法で作り続けています。

しらかわ自慢の名産あれこれ

豊かな自然環境に恵まれ、歴史と伝統が息づく白河市には、たくさんの名産品がそろっています。

詳しくは白河観光物産協会ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

白河だるま

渡辺だるま佐川だるま顔全体が福々しく、眉は鶴、ひげは亀、あごひげは松、びんひげは梅が描かれ、さらに顔の下には竹を模様化した「鶴亀松竹梅」を取り入れた、縁起の良いだるまです。この匠の技は、市内横町の渡辺家と佐川家によって継承されています。

毎年2月11日は白河だるま市。白いだるまは開運祈願、赤いだるまは厄除けと家内安全の御利益があるとされ、多くの人々が白河だるまを買い求めにやって来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

白河だるまとだるま市の歴史

はじめは、瓦職人が冬の仕事が少ない時期に作っていたと伝えられます。だるまの顔は、藩主・松平定信のお抱え絵師、谷文晁(たにぶんちょう)の意匠とされ、昔から行われてきた年始めの市(市神様)の売り物がだるま中心になり、「だるま市」が名称となりました。 

だるまの絵付けに挑戦してみよう

だるまの大きさを選び、実際に筆を使って自分の好きな絵柄を描くことができます。完成しただるまは、旅の記念に。

料金:500円〜
所要時間:1時間程度
お問い合わせ先

  • だるまランド(渡辺だるま店)
    電話番号:0248-23-3978
  • 佐川だるま製造所
    電話番号:0248-23-4239

 

地酒

酒

 

 

 

 

 

 

地元・白河の極上米を原料に、清冽な水ときれいな空気の中でつくられる地酒。白河の酒造は、元禄時代には行われていたようですが、江戸時代後期の藩主・松平定信は伊丹(兵庫県)などから杜氏を呼び寄せ、酒造に力を注ぎました。長く長く、地元の人々に愛され、贈答にも喜ばれています。

白河産コシヒカリ

高原の穏やかな気候と清流が育む白河の米。もっちりと炊き上がる白米は、甘みがあってふっくらとしています。また、白河の米を原材料にした米粉の開発も進んでいます。(白河産コシヒカリ特設サイト

白河産コシヒカリ赤 白河産コシヒカリ白

醸造品・大豆食品

根田納豆

 

こまやキャベツキムチ

 

 

 

 

味噌や醤油、漬物などの品々は地元白河の人々の食卓に欠かせない暮らしの必需品です。市内には、歴史ある醸造元が点在しており、各店が独自の伝統技と味を守り続けています。清らかな水と職人気質の技によって作られる納豆や豆腐などの大豆食品も自慢です。

 

農産物ブランド白河しろもの

しろものロゴ

平成22年度から10年にわたり実施してきた「白河市農産物ブランド」に代わり、令和3年度から始めた新たな認証制度です。
認証制度を見直し、認証の種類と基準が大きく変わりました。
「白金認証」「金認証」「銀認証」のランク別3層構造となっており、それぞれに認証基準を設けています。
詳しくは白河しろもののページをご覧ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは観光課 観光振興係です。

〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1

電話番号:0248-22-1111【内線 : 2243・2244・2245】 ファックス番号:0248-23-1255

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る