1. ホーム>
  2. 白河市子育て支援ぽっかぽか
  3. 子育てコラム
  4. ジャンル別で探す
  5. 育児のこと
  6. 1歳未満の乳児にハチミツを与えないでください。

子育てコラム

1歳未満の乳児にハチミツを与えないでください。

ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから

1歳未満の赤ちゃんがハチミツを食べることによって「乳児ボツリヌス症」にかかることがあります。

乳幼児のかかりやすい病気イメージ

乳児ボツリヌス症とは

どうやって起きるの?

ボツリヌス菌は、海や川、土の中など自然界に存在している細菌です。
酸素がある場所では植物の種子のような「芽胞(がほう)」となり、低酸素で腸内の細菌が少ない1歳未満の乳児の腸内に入ると発芽、増殖して毒素を出すため、発症します。

大人の腸内では、ボツリヌス菌が他の腸内細菌との競争に負けてしまうため、通常、何も起こりません。

一方、赤ちゃんの場合、まだ腸内環境が整っておらず、ボツリヌス菌が腸内で増えて毒素を出します。

どんな症状が出るの?

  • 3日以上の便秘(初期症状)
  • 哺乳力の低下
  • 泣き声が弱くなる
  • 全身脱力
  • 呼吸困難 …など

ボツリヌス菌は熱に強い

ボツリヌス菌は熱に強いので、通常の加熱や調理では死にません。1歳未満の赤ちゃんにハチミツやハチミツ入りの飲料・お菓子などの食品は与えないようにしましょう。

一般的に、ハチミツは包装前に加熱処理を行わないため、ボツリヌス菌が混入していることがあります。また、ボツリヌス菌(芽胞)の耐熱性は120℃、4分以上とされており、通常の加熱や調理では死にません。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはこども支援課です。

本庁舎1階 〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1

電話番号:0248-22-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る