1. ホーム>
  2. 産業・雇用・観光>
  3. 観光>
  4. 小峰城一石城主募集!

小峰城一石城主募集!

「小峰城一石城主」について

 白河市では、三重櫓・前御門に引き続き、小峰城が奥州の抑えの名城としての佇まいを整え、より多くの方々に本市の歴史・文化を堪能していただくため、清水門の復元に取り組んでまいります。
 皆様と一緒に復元に取り組みたく、清水門の復元に対するご寄附1,000円ごとに「一石」とみなし、白河藩の石高の最大15万石にかけて、寄附を募る「小峰城一石城主」プロジェクトを立ち上げましたので、ご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。

清水門復元CG▲CGによる清水門復元イメージ(中央の門)

清水門とは

 清水門は、二之丸と本丸を結ぶ重要な門で、高さは約11m、間口は約14m、小峰城の中では最も大きな櫓門でした。本丸に至る途中には、番所が設けられていましたが、清水門内にも番所が置かれ、厳重に警備がなされていたと考えられます。
 復元にあたっては、江戸時代に城内の櫓や門を実測して作られた「白河城御櫓絵図」や、これまでの発掘調査の成果に基づいて、忠実に復元します。令和2年度より基本設計を行い、6年度の完成を目指してまいります。

御櫓絵図▲白河城御櫓絵図(福島県指定重要文化財)

復元位置▲清水門復元位置

募集開始日

令和2年6月1日(月)〜

 

小峰城一石城主」特典

個人寄附者特典

  • 城主証
     一石城主の証である城主証に、寄附をいただいた方の氏名(法人名)を入れて後日郵送いたします。
  • 氏名掲載(任意)
     市ホームページにて氏名(法人名)及びメッセージをご紹介させていただきます。
  • 一石城主限定ブックレット
     清水門完成後、寄附者の方々のお名前を掲載させていただいた、限定ブックレットを作成いたします。小峰城歴史館にて、城主証または城主カードを提示された方に贈呈いたします。※郵送は致しません。
  • 城主カード
     個人で10,000円以上の寄附をされた方に、市内の観光施設などでのご提示により、入場が減免、無料となる優待証「城主カード」を後日郵送いたします。
     ※全3色(カード有効期限により異なります)
     【 減免となる施設: 翠楽苑 】
     【 無料となる施設: 小峰城歴史館、中山義秀記念文学館 】
  • 城下町めぐりツアー ※希望者のみ
     当市学芸員がガイトとなり、まちなかをめぐり白河の歴史をより深く知っていただける観光ツアーを開催します。
     ※新型コロナウイルス感染症を考慮し、開催日を決定いたします。
寄附金額 城主証

氏名掲載(希望者)

   城主カード      種類 城主カード<特典>
観光施設
(入場無料)
城下町めぐり
ツアー
有効期限
1,000円~
10,000円未満
ホームページ/ブックレット        
10,000円~
30,000円未満
ホームページ/ブックレット   漆喰壁の色 (白色) 1年間
30,000円~
50,000円未満
ホームページ/ブックレット  鯱瓦の色 (灰色) 2年間
50,000円以上 ホームページ/ブックレット 腰板の渋柿色(黒色) 3年間

団体寄附特典

 城主証の贈呈、市ホームページ及び一石城主限定ブックレットにて芳名(団体名)を掲載いたします。 

対象

 個人: 1回につき 1,000円以上
 法人(団体):1回につき 10,000円以上

寄附の手続きについて

1 寄附申込書の送付による申込み

寄附申込書に必要事項を記載し、白河市文化財課(白河市歴史民俗資料館)へお送りください。
寄附申込書は、直接ご持参いただくか、郵送、ファックス、電子メール(寄附申込書のファイルを添付したもの)でお送りください。
(申込書は、下記の「関連書類」からダウンロードできるほか、文化財課及び小峰城歴史館にご用意しております。)
※寄附申込書を直接ご持参いただける場合のみ、小峰城歴史館でも受け付けております。

2 ふるさとしらかわガンバレ寄附金(ふるさと納税)から申し込み

「ふるさと納税ポータルサイト ふるさとチョイス」、「楽天ふるさと納税」からお申込みいただけます。(近日開始予定)

寄附の方法

1 納付書による場合

寄附申込書が文化財課に届きましたら、文化財課より納付書を郵送します。
郵送された納付書により、下記の指定金融機関から納付してください。

指定金融機関
  (株)東邦銀行   (株)常陽銀行        白河信用金庫     (株)大東銀行
  (株)福島銀行       東北労働金庫                     福島県商工信用組合
                夢みなみ農業協同組合                東西しらかわ農業協同組合
2 口座振込による場合

寄附申込書が文化財課に届きましたら、文化財課より確認の連絡をいたします。その後、下記口座に直接お振り込み下さい。
また、手数料等をご負担いただきますようお願いいたします。
【 振 込 口 座 】
 銀 行 :  東邦銀行 白河市役所支店 普通 120309
 名 義 :  白河市会計管理者
【 連 絡 先 】
 白河市役所 建設部 文化財課 史跡整備係
 TEL 0248-27-2310 FAX 0248-27-2256

3 現金書留による場合

寄附申込書が文化財課に届きましたら、文化財課より確認の連絡をいたします。その後、白河市文化財課あてに郵送してください。
なお、申し訳ございませんが、郵送料等はご負担いただきますようお願いいたします。

4 直接ご持参される場合

白河市文化財課(白河市歴史民俗資料館内)または小峰城歴史館までご持参下さい。
 ・白河市文化財課(白河市歴史民俗資料館内):白河市中田7番地1
 ・小峰城歴史館(城山公園内):白河市郭内1番地73
 ※寄附申込書と一緒にご持参いただいても構いません。

「寄附金採納証明書」の送付

寄附金の入金の確認後に、文化財課より「寄附金採納証明書」を送付します。
確定申告で、税金の控除を受ける際に必要ですので、大切に保管してください。

寄附者紹介

「小峰城一石城主」プロジェクトへご寄附いただきありがとうございます。
ご寄附いただいた皆様を下記の「関連書類」にてご紹介しております。
※氏名の公表について同意いただいた方のみ掲載しています。

「小峰城城郭復元基金寄附金」について

 この寄附金は、「小峰城城郭復元基金寄附金」に繰り入れて、清水門の復元に活用させていただきます。「小峰城城郭復元基金寄附金」について、詳しくはこちらをご覧下さい。

国指定史跡 小峰城跡 について

 小峰城は、南北朝時代の14世紀半ばに白河結城氏により築城されたと言われています。寛永6年(1629)、幕命を受けた初代白河藩主丹羽長重により、約4年の歳月をかけて大改修が行われ、奥州の関門である白河にふさわしい、石垣を多用した近世城郭が整えられました。
 小峰城の中核となる三重櫓は、戊辰戦争の際に焼失しましたが、平成3年に絵図などの歴史資料や発掘調査成果を基に木造で復元され、同6年には本丸の入口である前御門も復元されました。
 ・白河市公式youtubeにて、「美しき小峰城」を公開しています。
(以下のアドレスから視聴できます。)
「美しき小峰城(ダイジェスト版)」https://www.youtube.com/watch?v=zvmPX3C1qh4

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課です。

歴史民俗資料館内 〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る