1. ホーム>
  2. 白河市歴史街歩き>
  3. 建物情報>
  4. 上の片野屋建造物群

上の片野屋建造物群

02上の片野屋建造物群 

 上の片野屋の創業は、宝暦年間(1751~64)とされ、約260年の伝統を伝える老舗である。創業者は片野吉兵衛氏であり、現当主で9代目を数える。創業当時は、機織の糸の仕入れ販売を営み、その後に古着や反物を扱う呉服店となり、現在に至っている。

 建造物群は、通りに面して切妻・平入りの店蔵が2棟並立し、白河を代表する景観の一つとなっている。店蔵は、下部になまこ壁、上部は格子を含めて漆喰で塗り込めた重厚な造りの建造物であり、東側の店蔵は文化年間(1804~18)の建立と伝えられる。

指定年月日 平成23年7月21日

詳しい場所を調べる

建物情報

所在地

桜町

近隣

建築年代

江戸/昭和

一般公開

外観のみ

建築当時の業種等

呉服店