1. ホーム>
  2. 白河市歴史街歩き>
  3. 建物情報>
  4. 遠藤家住宅建造物群

遠藤家住宅建造物群

遠藤家住宅建筑物群 

 遠藤家は、江戸時代において代々「むらかみ屋」の屋号で旅籠を営み、本町の庄屋も務めるなど、小峰城下における有力な商家であった。明治以降は、貸し布団、不動産等を業とした。

 建造物群は、旧奥州街道に接する路地に面して建つ伝統的な切妻・平入りの主屋に蔵が併設する白河の伝統的な町屋建築である。主屋は、明治10年頃に建築されたもので、一階と二階の軒は重厚な「せがい」、二階の窓は全面格子で覆われているほか、玄関脇の腰部には隅丸に面取りされた白河石が使用されている。また、地上三階、地下一階を有する明治期には珍しい構造となっている。

指定年月日 平成23年11月11日

詳しい場所を調べる

建物情報

所在地

本町

近隣

建築年代

明治

一般公開

外観のみ

建築当時の業種等

旅籠