1. ホーム>
  2. 白河市歴史街歩き>
  3. 建物情報>
  4. 菓子舗玉家建造物

菓子舗玉家建造物

菓子舗玉家建造物 

 菓子舗玉家は、明治45年頃に本町四辻の玉屋菓子舗より分家した初代大槻恒次郎氏によって創業され、現当主で4代目を数える。菓子舗としては、江戸時代の文久年間(1861~64)に白河藩主御用達の菓子舗であった由緒を持っている。

 建造物は、明治末期頃に建築された伝統的な切妻・平入りの町屋建築で、近年修復がなされている。2階は全面格子を設け、軒はせがい造りとなっている。

指定年月日 平成24年3月12日

詳しい場所を調べる

建物情報

所在地

本町

近隣

建築年代

明治

一般公開

内部可 営業時間のみ