1. ホーム>
  2. 白河市歴史街歩き>
  3. 建物情報>
  4. 奈良屋呉服店建造物群

奈良屋呉服店建造物群

09奈良屋呉服店建造物群 

 奈良屋呉服店は、明治14年(1881)に阿部家5代金次郎氏によって創業された。呉服店を営む以前の江戸時代には、油・砂糖を商っていたとされる。また、明治中期には、自転車を販売する代理店でもあった。

 店舗は、大正2年(1913)に建築されたもので、店舗兼併用住宅の木造瓦葺である。一階には土間と12畳の空間を持つ店舗があり、その奥に当時の住居となる和室3室がある。二階には座敷が2室あり、床の間、違い棚等が当時のまま残されている。蔵は、明治26年(1893)に建築されたもので、黒漆喰の観音開きの扉が通りに面して設けられ、店舗と蔵が一体となって重厚な趣を醸し出している。

指定年月日 平成23年7月21日

詳しい場所を調べる

建物情報

所在地

一番町

近隣

建築年代

明治/大正

一般公開

外観のみ

建築当時の業種等

呉服店