1. ホーム>
  2. 白河市歴史街歩き>
  3. 建物情報>
  4. 河和家住宅建造物

河和家住宅建造物

43河和家住宅建造物 

 河和家住宅は、当地に居住していた大谷利助氏により大正8年(1919)に建築された。当時の登記簿によると附属建物(倉庫)として当建造物が登記されている。数度の所有者変更を経て、昭和39年(1964)に現在の河和氏の所有となる。

 建物は正面2間半、側面4間半、妻入り土蔵造2階建て鉄板葺である。外観や室内に改修が加えられているが原形はとどめている。北面の腰壁には、この地方の特徴である赤瓦のなまこ壁が見られる。棟木には建築年(大正8年(1919))を示す墨書がみられる。

指定年月日 平成30年6月28日

詳しい場所を調べる

建物情報

所在地

横町

近隣

建築年代

明治

一般公開

外観のみ