1. ホーム>
  2. 白河市歴史街歩き>
  3. 建物情報>
  4. 松井薬局建造物群

松井薬局建造物群

12松井薬局建造物群 

 松井薬局は、江戸時代末期の文久年間(1861~64)に、安田信義氏によって松井薬舗として創業され、明治12年(1879)当地に移転した。2代目安田平助(敬止)氏は、薬種問屋の傍ら大正7年(1918)から11年までの間、白河町長を務めている。

 建造物群は、旧奥州街道に面した店舗と並立する蔵を先頭に4棟の蔵、2棟の倉庫の計6棟の蔵・倉庫群が連坦する景観が特徴的である。蔵の建築年次は、手前から明治43年(1910)、明治13年(1880)、明治33年(1900)、明治17年(1884)となっている。また、敷地東側にも大正2年(1913)建築の蔵が配置されている。

指定年月日 平成23年7月21日

詳しい場所を調べる

建物情報

所在地

天神町

近隣

建築年代

明治/大正/不明

一般公開

外観のみ